edge of blue

    

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

それが魔法というのならば 

おそらくというか誰も見ていないだろうと思って書く。

誰にも見られたくないのなら、紙の日記にでも書くか非公開にでもしておけばいいのではと思いつつも、こうやって誰かの目にふれる可能性があるところで書きたくなってしまう。だって今までそうやっていたんだもん。紙の日記は、10年日記をつけていたんだけど、好きな人ができそうになってやめた。人を好きになったら日記を書くのをやめろとどこかで読んで、そのときは「そんな乱暴な」とは思ったけれど、書くことでその人のことをより好きになってしまうというか、気持ちを加速させているような感じがして、確かにごもっともだわと思ってやめた。上手くいけば良い思い出になるかもしれないけれど、どう考えても上手くいきそうにないので。その日記を書くのをやめる原因になった好きな人(別にその人が悪いというわけではないけど)というのも、なかなかどうしてその人のことが好きなのか自分でも理解できなくて、多分100回くらい「本当に好きなのか?」と自問自答している。今まで好きになったことがないタイプの人、というか私の人生に登場したことがない人種で、まさかその人に対してこんな感情を抱くなんて出会ったときにはまったく想像していなかった。人生何があるかわからないというか、こんな年齢になっても自分の気持ちさえ予期できない、コントロールできないということが信じられない。私はそれなりにまっとうに育ててもらって、自分ひとりの生活なら自分で支えられるくらいにはなれたので、結婚して孫の顔を両親に見せたいというか見せないとなと思っているけれど、そういうことが叶わなそうな相手だ。結婚しないことも子どもを持たないこともそれが悪になるような時代ではないけれど、でも自分のものとして受け入れられるかどうかはまた別の話で、私は両親にそれを受け入れさせるのはとても酷だと思う。

こんな時間にこんな話をこんな場所に唐突に書き始めたのには訳があって、それは昨日というか金曜の夜から土曜の夜までこんこんと眠り続けてしまってどうにも眠れないせいです。ここ数ヶ月は平日の睡眠がめちゃくちゃなので、土曜日は予定がなければ好きなだけ寝ることにしてみたら、ときどきこういう日ができる。昨日はそれに加えて体調もあまり良くなかったし(と書くとものすごく言い訳っぽく見える)。このまま朝まで起きていて、モーニングでも食べに行っちゃおうかなとか考えてる。そのまま買い物に出かけるのもいいな。

昔の自分が書いたものを読んで、幼稚さに恥ずかしくてたまらなかったりもするけれど、やっぱり地続きの人間だなと思う。想像していたところと全然違う場所にいるけれど、ここまで来れたことがうれしい気はしている。
  
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。